【超簡単】記事構成の作り方5つの手順を解説!

【超簡単】記事構成の作り方5つの手順を解説!

この記事を読めば、記事構成の作り方を理解し、SEOの成果をグンと高められます。

この記事のまとめ

①記事構成の作り方5つの手順

  1. ビッグキーワードかスモールテールかを確認する
  2. 検索意図を考える(顕在ニーズと潜在ニーズを考える)
  3. 検索上位記事の見出しをラッコキーワードで抽出する
  4. ペルソナを設定する5.見出しを作る

詳細は「記事構成の作り方5つの手順」をご覧ください。

②SEOに強い記事構成を作る5つのコツ

  • 読者がもっとも知りたい情報を上にもってくる
  • 1見出し1イシューにする
  • 顕在ニーズをもとに見出しを決める
  • 大見出しを決めてから小見出しを決める
  • 見出しを結論にする

詳細は「SEOに強い記事構成を作る5つのコツ」をご覧ください。

記事構成の作り方5つの手順

構成にはわかりやすい構成」と「わかりにくい構成があります。

わかりやすい構成

わかりやすい構成は結論から書いてありますが、わかりにくい構成はパッと見て何が言いたいのかわからないですよね。

今回は、わかりやすい構成の作り方を解説します。

  • ビッグキーワードかスモールテールかを確認する
  • 検索意図を考える(顕在ニーズと潜在ニーズを考える)
  • 検索上位記事の見出しをラッコキーワードで抽出する
  • ペルソナを設定する
  • 見出しを作る

手順1:ビッグキーワードかスモールテールかを確認する

最初に、狙っているキーワードがビッグキーワードかスモールテールかを確認します。

キーワードの種類によって、ペルソナを立てるべきかが変わるからです。

<ビッグキーワードとスモールテールの違い>

ビッグキーワード:ペルソナが複数人いるので、無難な構成のほうが上がりやすい

スモールテール:必然的に検索意図が決まるので、ペルソナも自ずと決まりやすい

キーワード

例えば「CTR改善 オウンドメディア」と言うような中級者向けのスモールテールの場合には下記のようなペルソナが建てられるはずです。

ペルソナの例

ただし本来はメディアを立ち上げる時点で一定のターゲット層が決まっているはずですので、立てたペルソナがあまりにも自社のターゲットとかけ離れている場合には、そのキーワードを取るのが戦略上正しいのかを考え直す必要があります。

正しいキーワード選定や、ペルソナの設定方法を知りたい方は下記の記事もご覧ください。

関連記事:

手順2:検索意図を考える(顕在ニーズと潜在ニーズを考える)

次に、検索意図(顕在ニーズと潜在ニーズ)を考えます

顕在ニーズと潜在ニーズを考えることで、読者が知りたい情報を提供できます。

潜在ニーズと顕在ニーズ

ここで注意したいのは「今1位になっている記事は、他の記事と比較され、相対的に評価された上で1位になっている」ということです。

つまり、上位記事が必ずしも検索意図を満たしているかはわかりません。

したがって上位記事の構成を考えるよりも先に「検索意図」を考えるべきだと弊社では考えています。

<検索意図を考える際のポイント>

  • 構成を真似すぎない
  • 基本は他記事に飛ばす設計をする
  • 関連記事で賄えそうなものは記載しない
  • 検索意図で必要なもののみ要素として取り入れる

手順3:検索上位記事の見出しをラッコキーワードで抽出する

検索意図を考えたら、次は検索上位記事の見出しをラッコキーワードで抽出します。

<ラッコキーワードで見出しを抽出する手順>

  1. ラッコキーワードを開く
  2. 検索窓に調査したいキーワードを入力する
  3. 下向きボタンをクリックして「見出し抽出」を選択する
  4. 「CSVダウンロード」をクリックし「詳細版」を選択する
ラッコキーワード

上位20記事の見出しが一覧で表示されます。

<ラッコキーワードで見出しを抽出する際のポイント>

  1. すべて抽出すると時間がかかるため、上位5記事に絞る
  2. 見出しを抽出したい記事はチェックせず、除外したい見出しはチェックを打つ
ラッコキーワードのポイント

手順4:ペルソナを設定する

ペルソナとは、想定に設定した架空のユーザー像です。

ペルソナを設定することで、ユーザーが求めている情報を提供できます。

ペルソナを設定する際には、以下の点に注意してください。

  • 自社にとって都合のいいペルソナを作らないようにする
  • 自分の想像でペルソナを作らないようにする

ペルソナを考える時は、ペルソナシートを活用するのがおすすめです。

<ペルソナシートの例>

  • 性別
  • 年齢
  • 所得
  • 職業
  • 学歴
  • 性格
  • 地域
  • 家族構成
  • 仕事の価値観
  • お金の価値観
  • 人間関係の価値観
  • 読者のライフスタイル

合わせて、下記の点にも留意しましょう。

<ペルソナを設定する際のポイント>

  • 実在しそうな人物を設定する
  • ユーザーが抱えている悩みを設定する
  • Webツール(KARTEやGA4など)を用いてユーザーの情報を集める

※ただし弊社ではメディアの立ち上げ時点でペルソナは設定されているべきものであり、そこからズレるペルソナを立てなければいけない場合には、元のペルソナ像がずれているか、KW自体がずれていると考えます。

手順5:見出しを作る

検索意図や上位記事を調査した情報をもとに、見出しを作ります。

<見出しを作る際のポイント>

  • 見出しを結論にする
  • タイトルの文字数は最大30文字程度にする
  • タイトルに狙っているキーワードを入れる
  • 読者がもっとも知りたい情報を上にもってくる

SEOに強い記事構成を作る5つのコツ

SEOに強い記事構成を作るコツは以下のとおりです。

  • 読者がもっとも知りたい情報を上にもってくる
  • 1見出し1イシューにする
  • 顕在ニーズをもとに見出しを決める
  • 大見出しを決めてから小見出しを決める
  • 見出しを結論にする

読者がもっとも知りたい情報を上にもってくる

構成を作成する際は、読者が最も知りたい情報を構成上部に持ってくるようにします。

知りたい情報が下にあるほど「ほしい情報がない」と判断され、即離脱される可能性が高くなるのが理由です。

<読者が知りたい情報を考えるためのポイント>

  • 何から説明されたらわかりやすいか考える
  • 概論→詳細説明の原則に則る
  • 自社のターゲットの尺度(KWへの理解度を踏まえる)

1見出し1イシューにする

扱うテーマは1見出しに一つとしましょう。

読者はSEOの文章を必死に読むことはほぼありません。

サラッと読みます。

そのため、1つの見出しで複数の事象を扱うと、読んでいて疲れてしまうのです。

<わかりづらい見出しの例><わかりやすい見出しの例>
・記事構成を作る5つの手順と、SEOに強い記事構成を作る5つのコツ
・SEO対策をするメリット・デメリット、課題とその解決策
・記事構成を作る5つの手順
・SEOに強い記事構成を作る5つのコツ
・SEO対策をするメリット
・SEO対策をするデメリット
・SEO対策の課題
・SEO対策の課題を解決する方法

わかりやすい構成は1見出し1イシューとなっていることがわかるでしょう。

顕在ニーズをもとに見出しを決める

記事構成を作る際には、顕在ニーズをもとに見出しを決めます。

例えば、顕在ニーズが「SEOで成果を出すコツが知りたい」であれば、以下のように見出しを作ります。

h2:SEOで成果を出す5つのコツ
h3:検索意図を把握する
h3:記事の見た目を整える
h3:ページの読み込み速度を改善する
h3:内部リンクを張って読者満足度を高める
h3:被リンクを獲得してドメインパワーを上げる

顕在ニーズをもとに上部の見出しを作ることで、読者の知りたい情報を提供できます。

大見出しを決めてから小見出しを決める

大見出しを決めてから小見出しを決めましょう。

最初に大見出しを決めておくことで、小見出しで書くべき内容が明らかになるからです。

例えば、前述した「SEOで成果を出す5つのコツ」という大見出しを先に決めれば、小見出しで書くべき内容が見えてきます。

一方、小見出しから決めると全体像がわからず、ほかの小見出しを考えるのに時間がかかります。

そのため、先に大見出しを決めてから小見出しを決めましょう。

<記事構成における大見出しと小見出しの役割>

大見出し:1つのテーマを扱った見出し

小見出し:テーマの詳細を解説する見出し

テーマを決めてから、詳細を解説する見出しを作りましょう

見出しを結論にする

見出しを結論にすることで、読者がパッと見て内容がわかりやすくなります。

わかりやすい構成

わかりやすい構成は結論から書いてありますが、わかりにくい構成はパッと見て何が言いたいのかわかりません。

このように、見出しを結論にすることで読者がパッと見て内容がわかりやすくなります。

また、最近はキーワードを入れるSEO対策は廃れつつあるので、見出しだけで内容がわかるようにするのがベストです。

まとめ

記事構成は、SEOで成果を出すためにも大切です。

読者にとってわかりやすい構成を作ることで、質の高い情報を提供することにつながります。

今回の内容を参考にして、記事構成を作ってみてください。