ジオグラフィックとは?データの収集方法や活用例をわかりやすく解説!

この記事を読めば、ジオグラフィック分析の基礎から理解し、マーケティングにおいてジオグラフィックデータを活用できるようになります。

ジオグラフィックとは

ジオグラフィックとは、国や地域、居住地、現在位置などの地理的な属性のこと。
使用の多い公共交通機関なども含まれる。

この記事のまとめ

①ジオグラフィック以外のセグメンテーション

  • デモグラフィック
  • サイコグラフィック
  • ベヘイビオラル

詳細は「ジオグラフィック以外のセグメンテーション」をご覧ください。

ジオグラフィックデータを収集する3つの方法

  • 公的機関が公開している情報を利用する
  • データプラットフォームを利用する
  • エリアを調査できるツールを導入する

詳細は「ジオグラフィックデータを収集する3つの方法」をご覧ください。

ジオグラフィックデータ3つの活用例

  • 地域密着型サービスに活かす
  • ペルソナ設定に活かす
  • 地域ごとの条件から顧客ニーズを推測する

詳細は「ジオグラフィックデータ3つの活用例」をご覧ください。

ジオグラフィック(地理的変数)とは

ジオグラフィック(geographic)は、該当顧客の住む地理的情報や、使用する交通機関などをまとめたものです。

地理的情報

  • 地域:関東・関西
  • 人口:1万人の地域
  • 駅の場所:駅前・駅近
  • 気候:温暖・寒冷
  • 公共交通機関:電車・バス

特定地域の人口統計や文化的傾向などのデータを分析し、ターゲット市場を特定します。これらは、効果的な広告キャンペーンや店舗の立地戦略を策定するのに役立つ事でしょう。

例えば、不動産会社がジオグラフィックを利用すれば、広告キャンペーンの配信先を地元に絞れます。配信先を絞ることで、効果の少ない広告にコストをかけずに済むのです。

ジオグラフィック以外のセグメンテーション

ジオグラフィック以外のセグメンテーションには下記があります。

  • デモグラフィック:該当者の特徴(記号的な変数)を可視化したもの
  • サイコグラフィック:該当者の特徴(情緒的な変数)を可視化したもの
  • ベヘイビオラル:該当者の行動を可視化したもの

デモグラフィック(人口動態変数)

デモグラフィック(demographic)は、該当者の記号的な変数を可視化したものです。

年齢や学歴など、客観的にわかる内容から該当者を分類します。具体的な変数として、下記のようなものが挙げられます。

変数例

  • 年齢:10代・30代
  • 性別:男性・女性
  • 学歴:高卒・大学院卒
  • 職業:事務職・施工管理
  • 所得:200万円・400万円
  • 世帯所得:500万円・1000万円以上
  • 世帯数:独身・3人家族・5人家族

上記のデータを活用し、ターゲット顧客を特定することで、効果的なマーケティング戦略を策定できます。

活用できるマーケティング施策

  • 世帯所得から自社商品に購買の強い層を見抜く
  • 世帯数から自社商品の購買意欲の強い層を割り出す

サイコグラフィック(顧客心理)

サイコグラフィック(psychographic)とは、該当者の情緒に焦点を当てたものです。

性格や趣味などの主観的な内容の分類に使用します。

変数例

  • 性格:内向的・外交的
  • 趣味:読書・釣り・キャンプ
  • 興味:ブランド品に興味がある
  • 価値観:今を楽しむためにお金は積極的に使う
  • ライフスタイル:健康を保つために毎日30分運動する

活用できるマーケティング施策

  • 商品のキャッチフレーズをライフスタイルに合わせる
  • イベントの開催地を性格によって帰る
  • ブランド品に興味がある人にブランディング価値の高い商品を販促する

ベヘイビオラル(行動パターン)

ベヘイビオラル(behavioral)は、顧客の行動パターンや購買行動を分析できる変数を指し、下記などが該当します。

変数例

  • 知識の有無:あり・なし
  • SNSの使用頻度:少ない・多い
  • 使用する時間:12~13時・19~21時
  • 購入履歴:あり・なし
  • 行動経路:Google検索・SNS検索

活用できるマーケティング施策

  • ターゲット層がスマホを使用する時間帯に合わせて広告配信をする
  • 購入履歴の多い顧客に対してアップセル商品を販売する
  • SNSの使用頻度が高い顧客が多い場合はファンマーケティングを活用する

ジオグラフィックデータを収集する3つの方法

ジオグラフィックデータを収集する方法は下記の3つです。

  • 公的機関が公開している情報を利用する
  • データプラットフォームを利用する
  • エリアを調査できるツールを導入する

公的機関が公開している情報を利用する

もっとも手軽にジオグラフィックデータを収集できる方法です。

政府や地方自治体などの公的機関の情報であれば、インターネットから無料でデータを入手できます。

ジオグラフィックを収集できる媒体

例えば、地方自治体であれば下記のデータを取得できます。

収集できるデータ

  • 人口統計:東京都の10月の出生数は7801人
  • 土地利用:北海道の住宅地平均価格は23,600円(単位:円/㎡)

データプラットフォームを利用する

他社のデータプラットフォームを利用するのもひとつの手です。

有償ですが、無料のプラットフォームでは手に入らない下記のような情報が手に入ります。

  • マーケットデータ:民間教育・電子決済・スマートフォン
  • カンパニーデータ:IT・小売業・食品

エリアを調査できるツールを導入する

公的機関や他社のデータプラットフォームを利用するだけでなく、エリアを調査できるツールを導入する方法もあります。

例えば「GISツール」「GA4」などを使用すると、ターゲット顧客の住む地域の消費傾向や嗜好を把握するのに役立ちます。

エリアを調査する

  • 地域の総人口:もっとも人口の多い地域は東京都
  • Webサイトを訪問したユーザーの年齢:高齢者層より若年層のほうがSNS普及率は高い
  • Webサイトを訪問したユーザーの市区町村:関東と関西は食文化が異なる

上記は当たり前のデータですが、調べ方により詳しくデータを精査可能です。

エリアを調査できるツールで正確なターゲットを設定し、顧客ニーズを捉えた広告やプロモーションを展開しましょう。

ジオグラフィックデータ3つの活用例

最後に、ジオグラフィックデータの活用例を紹介します。

  • 地域密着型サービスに活かす
  • ペルソナ設定に活かす
  • 地域ごとの条件から顧客ニーズを推測する

活用例を参考にして、マーケティングに活かしてください。

地域密着型サービスに活かす

ジオグラフィックデータを利用して、特定の地域やコミュニティに密着したサービスに活かすことが可能です。

例えば、交通網の状況や消費傾向などを分析することで、地域ごとに最適な商品やサービスの提供に活用できます。

また、地域の文化や嗜好に合わせたイベントを企画することも可能です。

地域特有のニーズに応じたマーケティング戦略は顧客満足度を高め、商品やサービスの売上向上が期待できます。

ペルソナ設定に活かす

ジオグラフィックデータは、ペルソナ設定にも活用できます。

地域にもとづいたデータを活用することで、対象地域の住民が抱える悩みを深く理解し、悩みの解決に向けた商品やサービスを設計することが可能です。

具体的には、年齢・性別・職業などのデモグラフィックデータを組み合わせることで、現実にいそうなペルソナを作成できます。

地域ごとの条件から顧客ニーズを推測する

ジオグラフィックデータは地域ごとの異なる条件を分析できるので、顧客ニーズを推測するのに活用できます。

顧客ニーズを把握できれば、顧客の住む地域に最適化された商品やサービスを提供できます。

また、地域ごとの文化的背景や価値観を理解することで、より顧客に最適化されたマーケティング戦略を展開することも可能です。

ジオグラフィックデータを活用し、ターゲット顧客に最適化されたサービスを提供しましょう。

まとめ

ジオグラフィックデータは、マーケティングにおいて地理的情報を活用するために大切です。

特に地域密着型サービスにとっては、地域の特性を把握するうえで欠かせません。

この記事の内容を参考にして、ジオグラフィックデータをマーケティングに活用してください。